読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内藤忍氏の中古ワンルームマンションの宣伝がとまらない

インデックス投資を推奨し、資産形成は分散型投資が良いと説いていた内藤忍さんのブログを拝見したところ、中古ワンルームマンション投資を褒め称えるブログに様変わりしていました。

2017年4月10日から過去1か月のブログのうち、10件、3分の1は不動産の話です。

 

2017年4月10日

中古ワンルームは「何を買うか」以外に「2つのこと」を考えよ

 

2017年4月9日

「お金の専門家」に欠けている不動産投資の知識と経験

 

2017年4月2日

月間販売50戸!営業で圧倒的な成果を出す人が大切にしていること

 

2017年4月1日

東京の人口減少はいつから始まるのか?

 

2017年3月28日

http://www.shinoby.net/2017/03/9746/

 

2017年3月27日

不動産投資は「やったことの無い人」にはわからない

 

2017年3月23日

タワーマンションを買いたいと思わない「3つの理由」

 

2017年3月22日

【お知らせ】手元資金で安定した不動産投資をしたいシニアの方へ

 

2017年3月13日

45歳で貯金1000万円の人が老後の不安を解消するために

 

2017年3月12日

会社をいつでもやめられる状態にするには?

 

1か月のブログの3分の1が不動産の話で、しかも販売会社の営業マンまで紹介しているようでは、内藤忍さんは、ワインファンドと同じように広告塔でキックバックをもらっていると思われても仕方ないと思います。

 

内藤さんの残念なところは、

  • 独立後、ワイン投資や不動産投資という素人には難しい投資領域を薦めるようになった。
  • 上記から考えると、ポジショントーク、つまりステルスマーケティングではないか?
  • ワインファンドの件、何も説明していないし、禊は済んでいない。
  • 低コストのインデックスファンドを薦めてきたのであれば、中古ワンルームマンションのコストとパフォーマンスを明確に示すべきではないか。パフォーマンス(空室率)だけにフォーカスしてミスリードしているように思える。
  • もう信頼できる「お金の専門家」ではなくなってしまった。

 

 

この本を手に、禊をされることを期待しております。

 

飲めて殖やせる 究極のワイン投資

飲めて殖やせる 究極のワイン投資

 

 

 

また、こちらの本は、内容が事実と反します。

内藤さんは飲食店経営の素人ですが、運営を外食経営会社に任せていたので、うまく運営できたのが実情です。

素人なのは内藤さんだけであって、飲食店のプロがおもてなしをしているのだから当然のことです。

藤忍さんと日経BPは、誠実なご対応をお願い致します。